1. HOME
  2. ラウンジ

ヨコハマアートサイトラウンジvol.31
寿町からみる人と社会

今年度のヨコハマアートサイトラウンジは、コロナ禍への対応として、収録したものを公開するかたちをとっています。

アートサイトラウンジvol.31「寿町からみる人と社会」

収録日時|
10月22日(金)

ゲスト|
花崎攝(シアタープラクティショナー、ことぶき「てがみ」プロジェクト実行委員会
横山千晶(慶應義塾大学教授、居場所「カドベヤで過ごす火曜日」運営委員会 代表)

進行/小川智紀

内 容|
横浜の寿町は、東京の山谷、大阪の釜ヶ崎に並ぶ日本三大簡易宿泊所集中地域の一つです。
この街で継続的に活動を行ってきたお二人をお招きし、寿町の現在、そして、そこから見えてくる社会の現状について、お話を伺い、居場所のあり方、アートから繋がるケアを考える意見交換の場となりました。

公 開|
音声のみでYouTubeにて11月30日(火)までの期間限定公開します。
どうぞご覧ください。

花崎攝 シアタープラクティショナー、ことぶき「てがみ」プロジェクト実行委員会
劇団黒テントに在籍中にPETA(フィリピン教育演劇協会)などアジアの演劇人に出会い、現在は応用演劇の企画、進行、構成演出を中心に国内外で活動。主な仕事に、水俣病公式確認五十年事業「水俣ば生きて」構成演出(2006)。アチェ(インドネシア)の紛争被害にあった子どもたちのための演劇ワークショップ企画、進行(2007-2010)。コーディリエラ(フィリピン)の環境教育プロジェクト、Asia meets Asiaの活動など。ロンドン大学芸術学修士。武蔵野美術大学、日本大学、立教大学非常勤講師。演劇デザインギルド所属。
横山千晶 慶應義塾大学教授、居場所「カドベヤで過ごす火曜日」運営委員会 代表
福岡県北九州生まれ。慶應義塾大学で教える傍ら、毎週火曜日に横浜市中区石川町で居場所「カドベヤで過ごす火曜日」を運営している。もともとは大学生と寿地区の人々の出会いを目的として2010年に開設したこのカドベヤだが、やがて多くの人たちを受け入れる場所となっていった。現在の目標は毎週火曜日にただ開けること。そして共に体を動かしたり、絵や歌などで何かを表現する(「ストレッチ」)、共に作るものを共に食べる(「ゆうめし」)、そして共に片付けて扉を閉めるという数時間を過ごす中で、見守り見守られる繰り返しを味わうことである。

 

ラウンジ一覧に戻る