←TOP


ヨコハマアートサイト2017参加事業(click!)

ヨコハマアートサイト2017連携事業(click!)

会社まるごとギャラリー2017(金沢区)

山陽印刷㈱、㈱山装、㈱坪倉興業、鶴見金網㈱に作品展示。ワークショップ2回開催(地域の繋がりを踏まえたもの、廃材を活したもの)。展示会期を1ケ月間と凝縮して地域空間の纏まりを図る。平日・土曜日にギャラリーツアー(予約制)を数回設ける。
[参加アーティスト]やまゆりの・山田裕介・川名マッキー・田中絵奈・小川敦子・阿部美帆・田中清隆

[会期]2017年9月9日(土)~10月28日(土)
[主催]アーティストネットワーク+コンパス
[協力]山陽印刷(株)、(株)坪倉興業、(株)山装、鶴見金網(株)、(株)南部フーズ、(株)ニットー、(株)横浜シーサイドライン、(株)横浜八景島、 玉家運輸倉庫(株)、(有)協和タイヤ商会、並木コミュニティハウス、女子美術大学デザイン・工芸学科 プロダクトデザイン専攻エコデザイングループ、関東学院大学 人間共生学部 共生デザイン学科
[後援]金沢区役所

[URL]http://www.anc3434.com
[E-MAIL]k.yuasa@sanyoprint.co.jp
[TEL]045-785-3434














アーモンド凸凹コミュニティアートプロジェクト2017(都筑区、緑区、青葉区)

・ショートムービー・アニメーションとDVD付き小冊子の制作とArtistBookワークショップを実施 ・横浜北部地域に伝わる民話に聴く ・不登校や引きこもりの青少年が参加する自己肯定感を高める活動・イタリア美術専門学校生の制作参加と作品展示
[参加アーティスト]GRIMM TWINS(牧田あゆみ、バルバラ・ラーキ)、星野拓、祓 是清(松岡夏生)、西村亜紀子、Crayon Made Army(クレヨンメイドアーミー)

[会期]2017年9月16日(土)~12月9日(土)
[主催]NPO法人アーモンドコミュニティネットワーク
[共催]「横浜に聴くプロジェクト」
[協力]横浜市歴史博物館(都筑区)、赤い家 art space(青葉区)、なごみ邸(緑区)、イタリア・ウルビーノ「Scuola del libro e del fumetto(本とマンガの学校)」専門学校(イタリア)
[助成]クレディスイス証券株式会社 (18歳までの青少年支援事業として)

[URL]http://almondcommunitynetwork.com
[E-mail]npoacn@gmail.com
[TEL]045-594-7566



「河童の詫び状」の影絵劇

横浜北部の民話を読み解く

歴史博物館上映会ワークショップ

イタリア美術専門学校との連携

北山田ACNでのワークショップ


子どものためのアート・音楽・ダンスをいっぺんに楽しむわくわくワークショップ シリーズVol.6(戸塚区)

6回目を迎えるわくわくワークショップシリーズ!今回は「くるみ割り人形」をテーマに新進気鋭の若手アーティストたちとオリジナルの作品を創り上げながらアート、音楽、ダンスを一度に体験します。芸術への親しみ方を紹介しながら豊かな感性を育むイベント。
[参加アーティスト]青木智哉、小鹿紡、石河美和子、Cュタツヤ、中村明日香

[会期]2017年10月5日(木)~12月2日(土)
[主催]認定NPO法人あっちこっち
[共催]戸塚区民文化センターさくらプラザ(10/5、12/2のみ)
[協力]学校法人三幸学園 横浜こども専門学校、ひらがな商店街アートスペース「と」

[URL]http://acchicocchi.com/
[E-MAIL]info@acchicocchi.com
[TEL]090-1261-1308




ステージで発表(平舘平)

アーティストたち(平舘平)

アートワークに夢中な子どもたち(平舘平)

講師たちによるパフォーマンス(平舘平)

プレワークショップ(平舘平)


石川町ストリートアートプロジェクト(中区)

こどももおとなも自由になれるストリートアート。そのカルチャーの先駆けであるここ横浜の下町、石川町でその魅力を発信する。アートのワークショップや、ウォールペイント、スケートボード、若手クリエイターの映画祭上映などを開催する。
[参加アーティスト]『石川町ストリートアートプロジェクト』

[会期]2017年10月16日(月)~10月22日(日)
[主催]石川町ストリートアートプロジェクト実行委員会
[共催]石川町活性化委員会
[協力]石川町連合商店街
[後援]石打地区連合町内会

[URL]―
[E-MAIL]art.ishikawacho@gmail.com
[TEL]045-641-7638



落書き車

スケートボード

ロコワークショップ




カドベヤ・オープンDAY―つどおう・かたろう・つながろう(中区)

異なるバックグラウンドを持つ人々が、「足湯」、「ワークショップ」、「食べる」、という3つの行為を通してつながる場が火曜日のカドベヤです。今年は開設7年目を迎え、今までの活動の中で生まれた様々な表現をコミュニティアートのイベントにつなげます。
[参加アーティスト]稲田奈緒美、木檜朱実、花崎杜季女、花崎三千花、三枝まり

[会期]2017年7月4日(火)~2018年1月31日(火)
[主催]居場所「カドベヤで過ごす火曜日」運営委員会
[協力]コトラボ合同会社、一般社団法人「地唄舞普及協会」、The Dance Times
[後援]慶應義塾大学教養研究センター

[URL]http://www.kadobeya2010.net/
[E-MAIL]chacky@keio.jp
[TEL]090-4722-8001


みんなでダンス

いろいろな体の部分を使って絵を描こう

泥団子を作って種を植えてみる

マジシャンからマジックを学ぶ

みんなで囲む夕食のテーブル


ヨコハマ・ドキュメンタリー映画普及プロジェクト2017 特集上映「変わりゆく街、変わりゆく子どもたち ―ハマを見つめたドキュメンタリー映画―」(中区)

「横浜」を見つめた3本のドキュメンタリー映画の上映とトーク&シンポジウムを通じ、横浜の過去と現在、そこに生きる「他者」と「私」を見つめる。上映作品「どっこい! 人間節 寿・自由労働者の街」「日曜日の子供たち」「中華学校の子どもたち」。
[参加アーティスト]準備中

[会期]2017年11月3日(金)
[主催]映像グループ ローポジション
[協力]横浜シネマリン

[URL]https://www.lowposi.com/
[E-MAIL]low-posi@nifty.com
[TEL]045-228-7996



「日曜日の子供たち」((c)yasuhiro hotta)

「どっこい! 人間節 寿・自由労働者の街」

「中華学校の子どもたち」





大岡川アートプロジェクト「光のぷろむなぁど2017」(南区)

蒔田公園や大岡川周辺で2008年から光のアート展示イベントを12月に行っています。開催10回目の今回は「ハッピーバースデー」をテーマに作品を市民の力で作ります。キャンドルのほか、コンサート、屋台などを通して地域住民の交流を図ります。
[参加アーティスト]藤田治、石渡文、三好豊、勝野真美、今城竜也

[会期]2017年12月9日(土)~12月10日(日)
[主催]大岡川アートプロジェクト実行委員会

[URL]http://ohokagawaart.blog45.fc2.com/
[E-MAIL]ohokagawaart.koho@gmail.com
[TEL]070-5557-9924



蒔田公園に並ぶキャンドル

廃油を使ったキャンドル作品

カヌーのパフォーマンス

コンサートでの演奏

子どもたちも参加


本牧アートプロジェクト2017(中区)

独自の文化を育んできた本牧エリア一帯を舞台としたアートプロジェクトの5回目。地域住民と協働して、レジデンス/創造・発信・ネットワーク/情報サービスなどの機能を融合したプログラムを実施。本牧の新たな魅力発見の機会をつくり、街の活性化に繋げる。
[参加アーティスト]準備中

[会期]未定
[主催]NPO 法人Offsite Dance Project、本牧アートプロジェクト実行委員会

[URL]http://honmoku-art.jp/
[E-MAIL]info@honmoku-art.jp
[TEL]090-6346-5820



メリーゴーランドがやってきた! @三溪園/旧燈明寺本堂前(提供:三溪園)

鶴家一仁 『グラインド⇒ブレンド』 @HONMOKU-AREA-2/シアター2(森日出夫)

ArtDisco『こどもディスコ Season 2』 @HONMOKU-AREA-2/ホワイエ(森日出夫)

ペピン結構設計『ギブ・ミー・チョコレート!』(菅原康太)

トーク「“秘密結社”で本牧のまちを編集する」 @HONMOKU-AREA-2/シアター1(菅原康太)


第19回金沢文庫芸術祭(金沢区)

●オープニングフェスティバル:9/17 海の公園 一日中アートを楽しめるお祭り●アートラリー:10/22までの期間中に様々なアートイベントを開催●子供大型絵画ツアー:色々な場所で子供と大型絵画を制作 一人でも多く子供に参加してほしいです。
[参加アーティスト]準備中

[会期]2017年9月17日(日)~10月22日(日)
[主催]金沢文庫芸術祭実行委員会
[共催](公財)横浜市緑の協会
[後援]金沢区役所、神奈川県教育委員会、横浜金沢観光協会、神奈川新聞社、FMヨコハマ、TVK

[URL]http://www.bunko-art.org
[E-MAIL]info@bunko-art.org
[TEL]045-788-9119



ワールドステージ

アートストリート

プレイパーク

芸術祭キッズたち

アサバアートスクエアステージ


第18回手づくり紙芝居コンクール(西区)

幼児から高齢者まで、全国、海外から応募される作品は毎年200作以上。応募作品は一作づつ丁寧に審査され、本審査会では作者自身の実演によりグランプリが決定する。実演会・交流会など応募者のためのイベントも。今年の目標は手づくり講座の一層の充実。
[参加アーティスト]長野ヒデ子、ときわひろみ、宮﨑二美枝、 やべみつのり

[会期]2017年7月13日(木)~12月26日(火)
[主催]紙芝居文化推進協議会
[共催]神奈川県立青少年センター、神奈川県立図書館
[後援]神奈川県図書館協会、神奈川新聞社、子どもの文化研究所、横浜市教育委員会、川崎市教育委員会、横浜市文化観光局
[協賛]京浜急行(株)、ぺんてる(株)

[URL]https://kamibunkyo.jimdo.com/
[TEL]080-5504-6168


作品募集ポスター(イラスト・やべみつのり)

丁寧に作品審査

紙芝居クリニック

ジュニアの部グランプリ

初の横浜市長賞


「踊る旧劇場」~クリエイターオフィスのオープンスタジオ~(中区)

ライターによる公開インタビューや、黄金町の歴史をインタビューと写真で紐解く写真と、音楽家と子どもたちの音作りワークショップ、ライブなど、スタジオメンバーの特色を活かしたイベントを定期的に開催すると同時に、作業場を公開します。
[参加アーティスト]準備中

[会期]2017年7月21日(金)~未定
[主催]旧劇場オープンスタジオ実行委員会

[URL]http://qgekijo.net
[E-MAIL]info@qgekijo.net
[TEL]050-5579-8964



旧劇場オープニング

旧劇場3周年イベント

旧劇場3周年イベント





さかえegaoフェスティバル(栄区)

栄区発 「アートの力でバリアフリーを実現 インクルーシブな社会へ」 ・現代美術家と地域住民が作品を作り上げ展示。 ・egao(笑顔)をテーマとしたコンテスト ・アーティストと楽しむワークショップ ・アートバザール フードコート 
[参加アーティスト]現代美術家 ASADA

[会期]2018年1月20日(土)~2018年1月27日(土)
[主催]さかえegaoプロジェクト
[共催]横浜市栄区役所
[後援]横浜市栄区社会福祉協議会

[URL]http://ega-oproject.com/images/top-hp-c.png
[E-MAIL]chikatuegao@wind.ocn.ne.jp
[TEL]045-392-7601



イチョウドームの中で楽しむ子供

会場で大きくふくらむイチョウドーム

公会堂の外側もイラストで飾ります

アーティストによる紙芝居ライブ

ワークショップでのワンシーン


ティーンズクリエイション展2017(栄区)

栄区民文化センター リリスギャラリーにて11月22日(水)~26日(日)テイーンズクリエイション展2017「WakamonoArtsFestival (わかもの なんでも ぶんかさい)」を開催。横浜市内外の中学生・高校生世代の総合文化祭。
[参加アーティスト]上平崇仁氏、他調整中

[会期]2017年7月15日(土)~2018年1月31日(火)
[主催]さかえdeつながるアート
[共催]栄区民文化センター リリス、フレンズ☆SAKAE、ティーンズクリエイション展2017組織委員会
[協力]かながわデザイン機構、さかえワークショップ研究室、さかえ地域通貨プロジェクト・イタッチ他

[URL]http://www.sakae-art.jp
[E-MAIL]rise774@gmail.com
[TEL]080-4150-2700




SLOW ACADEMY 福祉施設と地域コミュニティをつなぐワークショップ(港南区、都筑区、中区)

「音楽」「演劇」というパフォーミングアーツのジャンルをテーマに、障害のある人とない人が共に学び、交流が促されるような恊働作業を要するワークショップを開催する。参加者は実施福祉施設に利用者のほか、地域に暮らす人々を中心に公募を行う。
[参加アーティスト]青木拓磨 ほか

[会期]2017年7月6日(木)~2018年1月末
[主催]特定非営利活動法人スローレーベル
[協力]社会福祉法人かたるべ会

[URL]http://www.slowlabel.info/
[E-MAIL]mail@slowlabel.info
[TEL]―



スローレーベルの活動イメージ

SLOW ACADEMY 音楽プログラム

SLOW ACADEMY 演劇プログラム





こころに響く打楽器作っちゃおう(戸塚区、中区、旭区、南区、保土ケ谷区)

保護者と子ども達がオリジナル打楽器を作り、それと共に本格的打楽器のコンサートを体験する。見る、聴く、触る、そして作るという項目を加え音楽をアートとしてとらえる。 今年度は子どもの母親等、保育者にスポットを当て周りから子育ての環境を改善する。
[参加アーティスト]池野ひとみ・半谷麻意子・神本愛子

[会期]2017年7月27日(木)~2018年1月31日(火)予定
[主催]NPO法人打楽器コンサートグループ・あしあと

[URL]http://ashiato-dagakki.jp/
[E-MAIL]info@ashiato-dagakki.jp
[TEL]03-3762-6335



参加者親子

打楽器制作

オリジナル楽器でコンサートに参加

本物打楽器体験

打楽器が完成した親子


都筑・遺跡公園・民家園アート月間2017(都筑区)

学校連携アートワークショップと作品展示。今年は「ヨコトリ」のテーマを小中学生の視点で解釈。一つは小学生(4~6年生)と中学生がさまざまな進化をテーマに共同制作。もう一つは美術家久村卓の「つなぐベンチ」を中学校美術部が公園の公共作品に挑戦。
[参加アーティスト]久村卓(美術家)、井上健(彫刻家)

[会期]2017年7月26日(水)~9月7日(木)
[主催]NPO法人都筑民家園管理運営委員会
[共催]横浜市都筑区、横浜市歴史博物館
[協力]横浜市立中川中学校、中川西中学校、すみれが丘小学校他
[後援]都筑区ふるさとづくり委員会

[URL]http://tminkaen.org/
[E-MAIL]tminkaen@galaxy.ocn.ne.jp
[TEL]045-594-1723












[otto&orabuを横浜に呼ぼう](港南区)


しょうぶ学園のotto&orabuは、パーカッションと叫びのコーラスが合わさり、純粋に楽しくセッションし、心地よい不揃いな音を奏でている。横浜市立港南台ひの特別支援学校ホールでこの演奏会を開催し、音楽が横浜の人々を繋いでいくことを期待する。
[参加アーティスト]Otto&Orabu

[会期]2017年12月23日(土)
[主催]つなぐプロジェクト 縁 実行委員会

[URL]―
[E-MAIL]tsunagu.en@gmail.com
[TEL]―
<br>












こども京劇プロジェクト inYokohama(中区、保土ケ谷区、栄区)

中国伝統芸能「京劇」の上演・レクチャーを通して、以下を達成します。
・障害、環境、地域の垣根を越えて横浜の子供たちに国際意識を育み、文化・芸術への関心を高め、活力と自主性を与える。 ・横浜山手中華学校を中心とした中華街地域での京劇定着
[参加アーティスト]新潮劇院

[会期]2017年11月13日(月)~2018年1月31日(水)
[主催]一般財団法人日本京劇振興協会
[協力]神奈川県立地球市民かながわプラザ(あーすぷらざ)

[URL]http://www.shincyo.com
[E-MAIL]ticket@shincyo.com
[TEL]03-6411-4168



横浜山手中華学校での共演

京劇指導をする石山雄太

幼少の子供たちへの京劇公演とWS

3日間で京劇チャレンジ

3日間で京劇チャレンジ


土方巽 1960 しずかな家III(西区)

舞踏の創始者・土方巽ゆかりの地で身体表現を行う。ダンスカンパニー「新人Hソケリッサ!」と劇団「体現帝国」が寺院境内で野外公演を披露。別途、識者による貴重なトークイベントを行い、埋もれた文化シーンの発掘を図る。
[参加アーティスト]新人Hソケリッサ!、体現帝国、ほか(出演順)

[会期]2017年10月13日(金)~10月17日(火)
[主催]「土方巽 1960 しずかな家」実行委員会

[URL]―
[E-MAIL]yanvalou.deetee@gmail.com
[TEL]070-5518-1209



PANCHAによるダンス(檀原照和)

点滅による演舞(池村隆司)

佐藤美紀によるダンス(池村隆司)

奈佐健臣による演技(池村隆司)

トークイベントの様子(太湯雅晴)


みんなでワークショップ(緑区)

ぷかぷかで働いている障がいのある人たちと地域の人たちが一緒に演劇ワークショップをする。今年は宮澤賢治作『注文の多い料理店』に取り組む。ぷかぷからしい『注文の多い料理店』を目指す。作品がちがうので、ワークショップの中身も変わってくる。
[参加アーティスト]花崎攝、開発綾子、吉村安見子、やなせけいこ、江原望

[会期]2017年8月19日(土)~2018年1月21日(日)
[主催]NPO法人ぷかぷか
[共催]みどりアートパーク
[協力]演劇デザインギルト、デフパペットシアターひとみ、オペラシアターこんにゃく座
[後援]緑区役所

[URL]http://pukapuka-pan.xsrv.jp
[E-MAIL]pukapuka@ked.boglobe.ne.jp
[TEL]045-453-8511



背景画制作

本番前日

舞台脇で

本番舞台

本番舞台


PictureThis2017:横浜インターナショナルユースフォトプロジェクト(中区)

外国につながる子ども達の横浜を撮影することで国際都市横浜を内側から見える化します。写真をコミュニケーションのツールとし子ども達の表現枠を広げ自己肯定感を養います。昨年より応募者が多いので楽しみです。展示会は象の鼻テラスで1月13~21日。
[参加アーティスト]市内の外国につながる子ども達、横浜栄写友の有志、大藪順子

[会期]2017年8月13日(日)~2018年1月21日(土)
[主催]横浜栄写友
[協力]CASIO、象の鼻テラス
[後援]横浜市国際交流協会(YOKE)
[連携]Photo Yokohama(予定)

[URL]http://eishayu.squarespace.com/picture-this/
[E-MAIL]picturethisjp@gmail.com
[TEL]080-3954-9371



厨房(陳珺、PICTURE THIS2016参加者)

赤と青(王京華、PICTURE THIS2016参加者)

昨年度ワークショップの様子(大藪順子、講師)

昨年度象の鼻テラス展示会の様子(大藪順子、講師)



横浜下町パラダイスまつり2017+よこはま若葉町多文化映画祭2017(中区)

町の映画館を拠点に、映画を通じて身近な"世界"を考える「よこはま若葉町多文化映画祭」とアーティストが映画館と町をつなぐ「横浜下町パラダイスまつり」。毎年恒例の近隣の外国につながるこどもたちと遊ぶ企画の他、今年は韓国移住民映画祭主催者が来日。
[参加アーティスト]準備中

[会期]2017年8月19日(土)~8月27日(日)
[主催]横浜下町パラダイスまつり実行委員会+よこはま若葉町多文化映画祭実行委員会
[共催]シネマ・ジャック&ベティ+Art Lab Ova
[協力]若葉町町内会
[後援]公益財団法人横浜市国際交流協会、横浜市中区役所(申請中)

[URL]http://downtownart.hama1.jp/
[E-MAIL]artlabova@gmail.com





横浜の畸人宮間英次郎「帽子おじさん美術館」(大野隆介)

モン族カリア・ヴァン&テン・ヴァン+ダンサー青山るり子「モン族シャーマニズム体験!」(大野隆介)

横浜古典遊技場乾信治先生「闘茶体験」(大津伴絵)

女装アオちゃんゲリラ企画「空手チョップスイカ割り」(大野隆介)

乾先生とベリーダンスショー特別トリオ公演!@ヨコハマアジアンダイニング&バー(大津伴絵)


横浜映画ネットワーク実行委員会(中区)

横浜の映画に係る人たちのネットワークづくりとして、今年は、「全国コミュニティシネマ会議イン横浜2017」(映画上映に係る活動する団体の全国会議で、毎年全国持回りで開催)を成功させることを目標に協力団体を募り、次年度以降の活動につなげる。
[参加アーティスト]クローデリック・ポワロウ、岡島尚志、ナカムラケンタ、大高健志、竹中翔子

[会期]2017年7月31日(月)~9月9日(土)
[主催]横浜シネマネットワーク実行委員会
[共催]コミュニティシネマセンター、文化庁 次代の文化を創造する新進芸術家育成事業
[協力]横浜シネマジャック&ベティ、横浜シネマリン
[後援]横浜市文化観光局

[URL]―
[TEL]045ー341ー3180(横浜シネマリン)/045ー234ー9800(シネマジャック&ベティ)



横浜市開港記念会館









横浜・藤棚シネマ商店街2017 アニメフェスティバル(西区)

老舗商店や立派な銭湯など古き良き「昭和」の風情を残すレトロな藤棚商店街で、大衆娯楽として発展し、今や日本を代表する芸術文化のひとつとなった「アニメーション」を通し、賑わいと交流機会を再生していくことを目的としています。
[参加アーティスト]松本梨香、原恵一、ならはしみき、大山百合香他

[会期]2017年7月17日(月)~8月13日(日)
[主催]横浜・藤棚シネマ商店街実行委員会
[共催]西前銀座商店街協同組合、藤棚一番街協同組合
[後援]CREATIVE HOUSE オフィス63、株式会社ビーモ、ハブシステムズ有限会社、株式会社ひかり社、株式会社ケンゾウ、株式会社シネマノヴェチェント、有限会社鈴木映画

[URL]http://cinema1900.yokohama
[E-MAIL]info@cinema1900.yokohama
[TEL]045-548-8712













横浜みなと映画祭2017「ユカがハマに帰ってくる ~銀幕に映るヨコハマ~」(中区)

横浜の街が映る昭和の名作と横浜生まれの禅僧を追う新作ドキュメンタリー、4作品を上映するとともに、監督やゲストによるトークショー&シンポジウムを開催します。地域内の上映会場はすべて徒歩圏内、映画とともに街を楽しむ回遊型の小さな映画祭です。
[参加アーティスト]準備中

[会期]2017年7月21日(金)~7月23日(日)
[主催]横浜みなと映画祭実行委員会
[協力]関内まちづくり振興会

[URL]http://www.ymff.net/
[E-MAIL]info@ymff.net
[TEL]080-2550-5581














LITTLE ARTISTS LEAGUE YOKOHAMA PRESENTS: LIGHT × SOUND × MOVEMENT 〜子どもの感性を刺激する光と音と動きの体感型アートイベント(中区)

「光 × 音 × 動き」を題材とした、親子で楽しめる体感型アートイベント。リトルアーティストリーグヨコハマのアーティスト講師による英語でのワークショップブース。招待アーティストによるパフォーマンス。発見と感動が子どもたちの心をつなぐ1日!
[参加アーティスト]Atushi Harata

[会期]2017年12月17日(日)
[主催]LITTLE ARTISTS LEAGUE YOKOHAMA
[協力]特定非営利活動法人ザ・グローバル・ファミリーズ

[URL]http://littleartistsleagueyokohama.weebly.com
[E-MAIL]littleartistsleague@gmail.com











障害者も健常者も分け隔てなく生きた芸術を広げようリビングアートネットワーク(港北区)

準備中
[参加アーティスト]準備中

[会期]未定
[主催]リビングアートネットワーク

[URL]―
[TEL]―



ヨコハマアートサイト2017連携事業

AOBA+ART「街のはなし」プロジェクト(青葉区)

「街の中の好きな場所はどこですか?」という質問を起点に、幼稚園児から80代までの多世代にわたる街の住人を毎年取材し、答えにあがった場所の緯度経度・風景写真とともにお話を掲載する冊子型アートプロジェクト。新しい「町史」の形成を目指しています。

[会期]2017年7月10日(月)〜12月2日(土)
[主催]「街のはなし」製作委員会

[E-MAIL] kyococotny@gmail.com



2014年度制作版

「街のはなし」関連授業


赤い家・TOMO CAFE(緑区)

長津田にあるアートスペース「赤い家」にてドリップコーヒーとオリジナルフードを提供するpop-up cafeをオープン。
アートとともにたのしむカフェ、毎月1回開催しています。
[会期]イベントにより不定期。赤い家にご連絡下さい。
[主催]都筑アートプロジェクト
[TEL]045-507-3477







マチノトリエンナーレ(市内全域)

アートはけして遠いところにあるものではなく、身近なものであるということ。
食、身につけるもの、植物など、暮らしそのものがアートであるということが、
1人でも多くの人に伝わって欲しいと考えています。

また、港町ヨコハマという 特色も打ち出していければと思います。
展示、インスタレーションなどを通して、たくさんの表現に触れ合える場を創出します。

[会期]2017年9月~10月末
[主催]マチノトリエンナーレ事務局

[E-MAIL] info@machino-triennale.com
[URL]https://www.machino-triennale.com/






上に戻る